デパスがだめな時はセディールに限る!私の選び方講座

デパスに代わる薬

2016年の10月より、デパスやアモバン系は個人輸入サイト等で購入ができなくなりました。
これらアモバンなどは、国内でもよく処方されている精神安定剤で抗不安薬ではありますが、心療内科であったり精神科だけでなく、内科や整形外科でもよく処方されています。
大変よく効く薬として有名で、ほか催眠作用や筋弛緩作用もあり、用途が多く本当にいろんな病院で処方されています。
しかし、このよく効く半面、依存性が高い薬であり、デパスを止められない。という依存者が多く、そして乱用者が多いのが現実です。

これらが規制になったからと言っても、あくまでも規制がかかるのは個人輸入のみになります。
今まで通り病院できちんと受診をして、医者の判断で処方してもらうことは可能です。
しかし、今まで個人輸入で購入をしていた者にとって、規制後から病院で診察してもらおうと考える人は少ないと思います。
診察代であったり、手間やお薬の値段を考えると、個人輸入が手っ取り早くお薬の値段も安く手に入れることができます。
しかし、いま規制がかかった以上、病院で購入するしか入手方法はありません。

今まで通り個人輸入で気軽に輸入したい、病院には行きたくない、薬を多くストックしておきたい、という方、そのデパスに代わる薬をお探しの方におススメしたいお薬を紹介したいと思います。

今回おススメしたいお薬は『セディール錠』です。
一般名はタンドスピロンと言い、1996年に発売された抗不安薬です。
この抗不安薬というのは、不安を和らげる効果があり、「安定剤」や「精神安定剤」とも呼ばれています。

このセディールは依存性が無く、また副作用も少ないので大変安全性に優れています。

しかし、アモバンなどに比べると効果はかなり緩やかで弱めですが、身体に優しいのは確かです。
飲んですぐに効くものではありませんが、症状が軽い方、これからじっくりと治していこうと思っている方は、このお薬を服用することをおススメします。